門馬 幸枝さん(浪江町社会福祉協議会) | 福島県避難者生活支援・相談センター はあとふる・ふくしま

loader
社会福祉法人 福島県社会福祉協議会 避難者生活支援・相談センター

門馬 幸枝さん
(浪江町社会福祉協議会)

2021/03/08
 

生活支援相談員の10年の活動を振り返る

門馬幸枝さん
浪江町社会福祉協議会
生活支援相談員
(避難者支援活動年数/9年)


Q1:避難者支援に長く携わる上で、大切にしてきたことはなんですか。

訪問活動に携わっていくうえで大切にしてきたことの一つは、常に人を思いやる気持ちを持つことです。支援するうえで親身になって話を聞き、思いやりの気持ちを持って接することで、信頼関係も生まれ寄り添うことが出来ると考え活動してきました。
震災から10年、抱える悩みや課題も変化していることから、日常に戻る支援から自立に向けた支援となるよう、行政や関係機関と連携し、地域との繋がりを大切に、また変化を見逃がさず、自らの望む生き方のサポートができればと思います。
最後に、この活動を支えてくださる方々へと、わたくし自身も多くの方に支えられているという感謝の気持ちはいつも忘れずにいたいと思います。


Q2:この10年の活動で印象に残っている出来事を教えてください。

訪問中、体調が悪いと訴えていた方が急変し、意識がなくなり倒れこんでしまったことがあります。二人体制で訪問していたのでそれぞれ分担し、救急車の手配、会長に連絡、近くの診療所の医師に来てもらうようにしたりと動いたため、その時は事なきを得て命を取り留めることが出来ました。命に係わることだったので印象に残っています。

  • 2021/03/08 9:10 AM