林 利久さん(双葉町社会福祉協議会) | 福島県避難者生活支援・相談センター はあとふる・ふくしま

loader
社会福祉法人 福島県社会福祉協議会 避難者生活支援・相談センター

林 利久さん
(双葉町社会福祉協議会)

2021/03/08
 

生活支援相談員の10年の活動を振り返る

林 利久さん
双葉町社会福祉協議会
郡山事務所主任
(避難者支援活動年数/10年)


Q1:避難者支援に長く携わる上で、大切にしてきたことはなんですか。

10年前から変わらず大切にしていることは相手との信頼関係です。
町民・関連機関・職員間とどの分野においても信頼関係を構築させることは難しいことですが、相手の立場で物事を考え、寄り添うことなどを積み重ね、お互いの事を理解しあえたところで、少しずつ信頼関係が構築され支援の方もスムーズに進んでいくよう感じます。町民の今後の生活を見据えた時に避難先での社会資源の情報や地域支援は避難元では難しいところがあるので、避難先の関係機関と連携し、必要に応じて地域に結び付けて行けるように今の関係性を大事にしていきたいと思います。

Q2:この10年の活動で印象に残っている出来事を教えてください。

震災当初、仮設の見回りをしていた時に町民が部屋の中で倒れているのを発見できず、家族から咎められたことがありました。精神的にもきつく、この仕事を続けていく気力を無くしましたが、家族や上司に支えられ何とか仕事を続けることが出来ました。その後、この出来事をマイナスに捉えることしかできませんでしたが、ある研修「対人援助職セルフケアの研修」を受け、考え方や見方を変えたことで少しだけマイナスからプラスに気持ちを切り替えられるようになりました。この出来事があったからこそ今の自分があるのだと思っています。

  • 2021/03/08 9:10 AM