新型コロナウイルス感染症対策を講じて、調整会議を開催しました。 | はあとふる・ふくしま

loader
社会福祉法人 福島県社会福祉協議会 避難者生活支援・相談センター

新型コロナウイルス感染症対策を講じて、調整会議を開催しました。

2020/10/07
 

9月29日南東北総合卸センターにおいて令和2年度第1回県中・県南・会津地区被災者見守り・相談支援調整会議を開催しました。例年5月~6月にかけて行っている会議でありますが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により遅れており、ようやく開催することができました。


開催にあたり、「新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう福島県社会福祉協議会が主催する研修会・会議の開催に関する考え方」に基づき手指消毒、参加者全員にマスク着用の依頼、テーブル等の消毒、換気の為に窓を開放、会場レイアウトについては、各テーブル1名として重なり合わないよう配置を致しました。更には、受付時には全員の検温を実施する等参加者の体調に異常がないことも確認させていただきました。

今後も避難者がお住まいになっている地域で安心して暮らすことができるように生活支援相談員が関係機関の皆様と連携をとりながらよりよい支援体制を構築していけるように調整会議、連絡会議を企画して参ります。

総括生活支援員 栗原 和幸

この記事が気に入ったら
いいね!しよう