安心・安全な暮らしのためにできること。 | はあとふる・ふくしま

loader
社会福祉法人 福島県社会福祉協議会 避難者生活支援・相談センター

安心・安全な暮らしのためにできること。

2020/03/25
 

東日本大震災以降も、全国各地で地震や台風の被害が相次いでいます。震災によって避難
した先で災害にあうこともあります。
いつ何があるか分からないという不安は多かれ少なかれ誰もが持っているものだと思い
ますが、高齢者のひとり暮らしの方は特にその不安が強いだろうと思います。
そういった不安を少しでも解消するため、各機関で様々なことに取り組んでいます。避難行動要支援者台帳を作成し、支援が必要な方の情報を整理している自治体もあります。各復興公営住宅で、支援が必要な方の情報をまとめ、その情報を避難誘導や安否の確認に活かそうという取り組みもあります。
また、不測の事態があったときの連絡先を整理するものとして「緊急連絡カード」があります。


このカードは、各機関の緊密な連携を図ることや異変があったときの迅速な対応をとることも目的としたものです。
飯舘村社協の生活支援相談員活動では、民生委員・児童委員と連携を図りながら、緊急連絡カードの配布を進めています。何かあったときにどこに連絡すれば良いかを自分自身で整理することは大事なことで、防災の面でも有効です。
困ったとき、誰かに助けてもらわなければなりませんが、まずは自分がどう動けば良いのかを災害など不測の事態が起こる前に確認しておくことが安心・安全な暮らしにつなげる第一歩になると思います。

総括生活支援員 阿部 和将

この記事が気に入ったら
いいね!しよう